鹿渡神社

鹿渡神社(かどじんじゃ)

鎮座地  秋田県山本郡琴丘町鹿渡字腰巡三十五〜一

御祭神  誉田別持命 三吉神 天照大御神 天之宇受神 火彦神 熊野加武呂命 八郎別持命
       宇迦之御魂神 菅原神 大名持神 伊邪那岐命 菊理比売命 宇気母智命 受保之神
       大山祇神 大名貴神 豊受大神 武御名方之命 火彦霊命 龍神 瓊々杵命

例祭日   五月五日

氏 子   六百戸

崇敬者   二千二百二十人

宮 司   國柄進一

由 緒 

戦国時代の天正年間初期、古館城主国柄隼人之守が、館の守護神として、主神誉田別持命を、山麓諏訪長根に勧請鎮座したのが始まりです。往昔より「諏訪八幡」と呼ばれ、文禄年中字焼野(現館村)に遷座、鹿渡郷中の産土神としてまつり、大正二年の神社統一令により、村内十二祭神とともに、村社鹿渡神社として現在地に遷座、総鎮守となりました。昭和五十七年本殿修築、幣殿拝殿を改築しました。境内には文化七年(1824)の石灯篭や庚申塔、天保十四年(1843)の庚申塔などがあります。「古舘」の城主といわれる館村の国柄家が代々宮司をつとめています。

行政書士國柄進一のホームページ戻る



>>リンク集space>>お問合せはメールにて
Copyright 2005 © 行政書士國柄進一事務所 Allrights Resereved.