当事務所のホームページへお越しいただきありがとうございます。 当事務所では、相続手続き、遺言書作成を中心業務にしています。
離婚相談なら國柄進一 離婚相談なら國柄進一行政書士事務所へ
space

離婚の種類について

  • 協議離婚
  • 調停離婚
  • 裁判離婚

離婚協議書

  • 離婚協議書
  • 公正証書

お金について

  • 慰謝料
  • 財産分与

子供について

  • 親権
  • 監護権
  • 養育費
  • 面接交渉権

戸籍と姓について

  • 旧姓に戻り、旧戸籍に戻る場合
  • 旧姓に戻り新しい戸籍を作る場合
  • 結婚していたときの姓を名乗る場合

行政書士は行政書士法12条で
守秘義務が課せられています。
安心してご相談ください。

トップページ離婚問題・慰謝料・養育費>戸籍と姓

姓と戸籍について

結婚によって姓が変わったほうは、離婚によって元の姓に戻ることになります。そこで、離婚後の戸籍と姓について決めなければなりません。戸籍について2つポイントがあります。まず、一つの戸籍には親と子供2世代しか入れません。また、一つの戸籍には違う姓の人は入れません。

(1)旧姓に戻り、旧戸籍に戻る場合

離婚の際に自動的に元の戸籍に戻るので、特に手続きは必要ありません。子供は自分の親と一緒の戸籍には入れません。

(2)旧姓に戻り新しい戸籍を作る場合

子供を自分と同じ戸籍に入れたい場合には、まず自分を戸籍筆頭者にした、新しい戸籍を作らなければなりません。これは、一つの戸籍には、同じ姓の親と子、二代までしか入れないからです。子供を自分の戸籍に移す場合は、「子の氏の変更許可申立書」を家庭裁判所に提出します。許可がおりたら「許可の審判書」がでるので、それと入籍届を市町村役場に提出する手続きが必要となります。

(3)結婚していたときの姓を名乗る場合

離婚から3ケ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を市町村役場の戸籍係に提出しなければなりません。特に、理由などは聞かれません。

お問合せ、面談のご予約フォームはこちら⇒⇒⇒

受付時間 朝9時30分〜夕方5時30分まで(月〜金曜日)
〒018-2104  秋田県山本郡三種町鹿渡字焼野169番地1
TEL&FAX :0185―87―2862 行政書士國柄進一事務所 

 



>>リンク集space>>お問合せはメールにて
Copyright 2005 © 行政書士國柄進一事務所 Allrights Resereved.