当事務所のホームページへお越しいただきありがとうございます。 当事務所では、相続手続き、遺言書作成を中心業務にしています。
離婚相談なら國柄進一 離婚相談なら國柄進一行政書士事務所へ
space

農地法第3条許可

農地法第4条許可

農地法第5条許可

行政書士は行政書士法12条で
守秘義務が課せられています。
安心してご相談ください。

秋田県行政書士会会員
行政書士 國柄進一事務所

〒018-2104
秋田県山本郡三種町
鹿渡字焼野169番地1

営業時間 朝9時30分〜夕方5時30分まで
(月〜金曜日)
Tel 0185 - 87 - 4343
問合せはフォームからどうぞ

トップページ>農地法許可など許認可申請代行

農地法許可申請農地は食料自給率が約40%のわが国において、農業生産の基盤であるとともに、限られた資源です。また、一度農地以外のものに転用されてしまうと、再び農地に復元することは困難です。農地の転用が計画的な土地利用の下で、行われるとともに、転用によって周辺の農地の農業に支障が生じないようにすることが必要なので、農地転用許可制度は、農地の転用が適切に行われているかチェックするシステムとして設けられています。

農地の「転用」とは

農地の転用とは農地を宅地等の農地以外のものにすることをいいます。例えば、住宅、工場、公園等の施設の用地にする行為がこれにあてはまります。また、農地の区画形質に変更を加えなくても、例えば、農地をそのまま資材置き場として利用する場合等農地が耕作目的以外に使われることにより農地としての利用が行えない状態にするものは農地を転用する行為に当てはまります。農地法では、このような農地を農地以外のものにする行為を行う場合には、原則として都道府県知事の許可を要することとされています。

農地転用許可制度の意義

農地転用許可制度は、土地の農業上の効率的な利用と農業生産力の増進を図る目的として次のような方針のもと運用されています。

  1. 集団的に存在している農地その他良好な営農条件を備えている農地は確保すること
  2. 市街地の区域内または市街地の傾向が著しい区域等にある農地から転用されるように誘導すること
  3. 資産保有目的または投機目的での取得は認めないことにより、農地の遊休化の防止をはかること
  4. 農地の転用により周辺の農地にかかる営農条件に支障を生じないようにすること。

お問合せ、面談のご予約フォームはこちら⇒⇒⇒

受付時間 朝9時30分〜夕方5時30分まで(月〜金曜日)
〒018-2104  秋田県山本郡三種町鹿渡字焼野169番地1
TEL&FAX :0185―87―4343 行政書士國柄進一事務所 

 



>>リンク集space>>お問合せはメールにて
Copyright 2005 © 行政書士國柄進一事務所 Allrights Resereved.