当事務所のホームページへお越しいただきありがとうございます。 当事務所では、相続手続き、遺言書作成を中心業務にしています。
離婚相談なら國柄進一 離婚相談なら國柄進一行政書士事務所へ
space
space
相続の流れ

相続人について

法定相続分

相続欠落事由

相続人の廃除

相続人の承認・廃棄

遺産分割協議書

行政書士は行政書士法12条で
守秘義務が課せられています。
安心してご相談ください。

秋田県行政書士会会員
行政書士 國柄進一事務所

〒018-2104
秋田県山本郡三種町
鹿渡字焼野169番地1

営業時間 朝9時30分〜夕方5時30分まで
(月〜金曜日)Tel 0185 - 87 - 4343
問合せはフォームからどうぞ

トップページ>相続人とは

 

相続人とは、故人の財産を引き継ぐ人のことです。誰が相続人になるかは、法律で定められています。法律で定められているので、「法定相続人」といいます。そこで、相続手続きで、重要なのは、「誰が相続人」になるかです。

配偶者

配偶者は常に相続人となります。
この配偶者は法律上の配偶者のことをいいます。離婚した人や、内縁関係の人は含まれません。

第1順位

実子も養子も同じ権利を持ちます。子が複数いる時は、平等に相続します。まだ生まれていない胎児にも相続権が認められています。(配偶者が死亡している場合は子が全部相続します)

第2順位
父母

父母(父母が他界している場合、祖父母)が相続人となり、親等の近いものが優先します。(配偶者が死亡している場合は直系尊属が全部相続します。)直系尊属が誰もいないときに第3順位の人に相続権が発生します。

第3順位

兄弟姉妹

被相続人に子がなく、父母も死亡している場合には被相続人の兄弟姉妹と配偶者が相続人となります。
兄弟姉妹が数人いる場合には、平等に相続します。
(配偶者が死亡している場合は兄弟姉妹が全部相続します。)


 故人よりも先に相続人が亡くなってしまうこともあります。もこのような場合には、相続人の子や孫が相続人に代わって相続することができる制度があります。この制度を代襲相続といいます。 例えば、故人の死亡する前に、第一順位の相続人(子)が他界した場合、孫がその相続人になります。

 

 

お問合せ、面談のご予約フォームはこちら⇒⇒⇒

受付時間 朝9時30分〜夕方5時30分まで(月〜金曜日)
〒018-2104  秋田県山本郡三種町鹿渡字焼野169番地1
TEL&FAX :0185―87―4343 行政書士國柄進一事務所 



>>リンク集space>>お問合せはメールにて
Copyright 2005 © 行政書士國柄進一事務所 Allrights Resereved.