当事務所のホームページへお越しいただきありがとうございます。 当事務所では、相続手続き、遺言書作成を中心業務にしています。
離婚相談なら國柄進一 離婚相談なら國柄進一行政書士事務所へ
space
space
相続の流れ

相続人について

法定相続分

相続欠落事由

相続人の廃除

相続人の承認・廃棄

遺産分割協議書

行政書士は行政書士法12条で
守秘義務が課せられています。
安心してご相談ください。

秋田県行政書士会会員
行政書士 國柄進一事務所

〒018-2104
秋田県山本郡三種町
鹿渡字焼野169番地1

営業時間 朝9時30分〜夕方5時30分まで
(月〜金曜日)
Tel 0185 - 87 - 4343
問合せはフォームからどうぞ

トップページ>相続人の廃除

 

 故人に対して生前に虐待をしたり、重大な侮辱を加えたり、その他著しい非行があった場合や、相続させるにふさわしくない行為をした人は、家庭裁判所の審判によって相続権を剥奪することができる制度で、これを相続廃除といいます。重大なことなので、家庭裁判所が申し立てを認めて初めて相続廃除になります。
 これには、生前排除の場合は、生前のうちに故人が自ら家庭裁判所に対して排除の申し立てをし、家庭裁判所が申し立てを認めて初めて、排除された相続人は相続権を失います。また、遺言でも相続廃除を求めることができます。この場合には、遺言執行者が廃除の申し立てをすることになります。ただし、相続欠格や相続廃除になった人に子供がいる場合、その子が親の代わりに代襲相続人となって相続する権利をもちます。

 

お問合せ、面談のご予約フォームはこちら⇒⇒⇒

受付時間 朝9時30分〜夕方5時30分まで(月〜金曜日)
〒018-2104  秋田県山本郡三種町鹿渡字焼野169番地1
TEL&FAX :0185―87―4343 行政書士國柄進一事務所 

 



>>リンク集space>>お問合せはメールにて
Copyright 2005 © 行政書士國柄進一事務所 Allrights Resereved.